メインコンテンツに移動

企業がキャリアコンサルタントを利用するメリットと依頼方法

従業員の能力や技能、資格に見合った、適材適所な人材配置を実現する手段のひとつが、キャリアコンサルタントの活用です。企業がキャリアコンサルタントを利用するメリットや依頼方法について説明します。

投稿日:2023年2月24日

目次

キャリアコンサルタントとは

労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うこと(キャリアコンサルティング)の専門家が「キャリアコンサルタント」です。

企業においては、従業員が体系的・定期的にキャリアコンサルタントとの面談やキャリア研修を受けることで、自己理解・仕事理解を深めながら、今後どのようなキャリアを構築し、どのようなスキルを身につけていくべきかを主体的に考えられるようになります。

キャリアコンサルタントは、平成28年4月より国家資格になりました。この資格を取得すると「キャリアコンサルタント」として名乗ることができます。

企業がキャリアコンサルタントを利用するメリット

企業がキャリアコンサルタントに依頼してキャリアコンサルティングを実施した場合、以下のようなメリットがあります。その結果、企業の生産性向上、適切な人員配置などにもつながることが期待できます。

従業員のキャリア形成を促進できる

キャリアコンサルタントはキャリアに関する専門家です。従業員それぞれの興味や特性、これまでに積み上げたキャリアなどの整理をキャリアコンサルタントが手助けし、そこから導き出された課題や今後の目標などについてアドバイスをします。結果、従業員が真に望むキャリア形成を促すことができます。

仮に従業員が今の仕事に悩みを抱え、転職を検討していたとしても、キャリアコンサルティングを受けることで、転職だけではなく、社内異動や学び直しによるキャリアアップなど、今後の目指すべき方向についての選択肢が広がるかもしれません。その結果、望むキャリアに合った社内ポジションを見つけられる可能性もあるでしょう。

従業員のモチベーション向上につながる

目的意識ややりがいがないまま働いていると、従業員のモチベーションは低下してしまいます。キャリアコンサルタントと話すと、仕事やキャリアに関して改めて考える機会が生まれ、働く目的や自分の価値が、よりはっきりと認識できるようになります。その結果、目指す方向が見えてくることで、仕事におけるモチベーションが高まり、日々の成果や業務効率の向上につながるでしょう。

従業員の悩み解消につながる

社外のキャリアコンサルタントに依頼した場合、従業員は日頃から考えていることや仕事への思いを、比較的素直に話しやすいです。社内の人間関係やキャリア形成に関しての不満をキャリアコンサルタントに相談することで、解決方法が見つかりやすくなるでしょう。メンタルヘルス不調等に関する相談でキャリアコンサルタントでは対応範囲外となったとしても、リファー(他の分野の専門家に協力を求めたり紹介したりすること)という形で次の行動に進められるケースもあります。

キャリアコンサルタントへの依頼方法

キャリアコンサルタントを見つけ、依頼するには、主に以下の方法があります。

キャリア形成サポートセンターを利用する

まず、厚生労働省の委託事業であるキャリア形成サポートセンターを利用する方法です。キャリア形成サポートセンターでは、従業員に対するキャリアコンサルティングを無料で実施しています。キャリアコンサルティングとはどのようなもので、自社にとってどのような効果が得られるかを確かめてみたい企業の方は、まず一度利用を検討してみてください。

※国の予算の範囲内で実施するため、利用回数等に一定の上限があります。詳しくはキャリア形成サポートセンターへお問い合わせください。
※キャリア形成サポートセンターは、令和5年4月より業務等を拡充し、キャリア形成・学び直し支援センターとなります。

キャリコンサーチを利用する

キャリアコンサルタントの概要、キャリアコンサルティングのメリットを理解し、実際に特定のキャリアコンサルタントに直接依頼したいとなった場合は、「キャリコンサーチ」の利用が便利です。
ここで情報開示しているキャリアコンサルタントから条件に合う者を探して依頼することができます。

検索画面では、キャリアコンサルタントが居住する都道府県や対応可能業務、保有資格などで条件を絞ることができるほか、検索結果では各キャリアコンサルタントの対応可能業務や得意分野などが表示され、詳細ページでは職務経歴や単価目安なども掲載されています。より希望に合うキャリアコンサルタントに出会えるよう工夫されているのが特徴です。

キャリコンサーチのWEBサイト

キャリコンサーチのWEBサイト

キャリアコンサルタントが所属する企業に依頼する

また、キャリアコンサルタントが所属している、社内研修やキャリア支援等のサービスを提供する企業に依頼する方法もあります。こうした企業では、従業員へのキャリアコンサルティングだけでなく、キャリア研修や人事制度の構築などを一括して依頼することも可能です。企業としてキャリア形成支援に力を入れたいのであれば、こうした提供メニューの多い企業へ依頼することも有効です。

ジョブ・カードを使ったキャリアコンサルティングがおすすめ

キャリアコンサルティングを受ける場合には、事前にジョブ・カードを作成することをおすすめします。ジョブ・カードにはさまざまな様式があり、これまでの職業経験やスキル、学習歴や訓練歴、自分の強み・弱みなどを記入していくことになります。ジョブ・カードの作成を通じて、自分の能力や職業意識が整理され、自己理解が深まりますので、その後のキャリアコンサルタントとの面談がより充実したものになるでしょう。
また、「マイジョブ・カード」のサイトでは、オンラインでジョブ・カードが作成でき、アカウント登録をすれば、ジョブ・カードを保存して継続的な活用も可能です。

今後従業員が主体的にキャリア形成に取り組めるようになるためにも、キャリアコンサルタントやジョブ・カードの利用を検討してはいかがでしょうか。

このコラムをシェアしよう!

ジョブ・カードを作成しよう!

ジョブ・カードを作成することで、自分の強み・弱みや能力に気付くことができ、これまでの経験を踏まえた将来のキャリア・プランとそれに向かってやるべきことが描けるようになります。また、作成したジョブ・カードは就職活動や転職活動でも活用することができるようになります。
マイジョブ・カードのアカウント登録をすると、作成したジョブ・カードを保存し、いつでも修正することができます。
アカウント登録をして定期的にジョブ・カードの見直しや確認を行いましょう。

※アカウント登録後・ログインせずにジョブ・カードを作成した場合、保存するにはダウンロードしたうえ、アカウント登録・ログインしてアップロードする必要があります。

オススメのコラム

NEW!!40代はキャリアの悩み時?ミドルから始めるキャリア自律

2024年1月29日

40代を中心に、経験豊富な立場になってから改めて自身のキャリア形成に悩んでいるという人は少なくないようです。昨今、日本では、これまで主だった企業主導のキャリア形成から、個々のビジネスパーソンが自発的にキャリア開発・形成を行う流れに変わりつつあります。そのように個人主体でキャリアを考える機会が多くなった影響から、後輩や部下等の若手の指導を任される立場の方もキャリアに悩む人が増えていると考えられます。そこで今回は、キャリアコンサルタントの篠原真喜子さんに、ミドル世代のキャリア自律について伺いました。

キャリアプランの立て方が分からない。キャリアコンサルタントが教えるヒント

2023年11月28日

ただ漠然と仕事をするのではなく、自分自身が成長し、実現したい未来へ近づいていくためには、キャリアプランを立てることが重要です。キャリアプランは、現在の仕事のモチベーションアップだけでなく、就職・転職活動にも役立てられます。しかし、キャリアプランをいざ立てようと思っても、「キャリアプランの考え方が分からない」「自分で何をしたいかが分からない」と悩まれている方も多いかもしれません。そこで今回は、キャリアプランの立て方についてキャリアコンサルタントの岩橋ひかりさんに解説していただきました。

このページは役に立ちましたか。